プロフィール


    金子健紀(かねこたけのり)

    公認会計士(登録番号13711)
    税理士(登録番号88493)
    宅地建物取引主任者

    金子公認会計士事務所 所長

    株式会社アバールデータ(東京証券取引所
    JASDAQ【スタンダード】、証券コード:6918)
    取締役監査等委員(独立役員)

    日本公認会計士協会資産課税等専門部会専門委員
    同協会東京実務補習所講師(法人税)

    東京都大学サッカー連盟監事
    一般社団法人東大LB会理事
    農林水産省行政事業レビュー外部有識者

昭和63年3月、東京大学法学部卒業。在学中は、ア式蹴球部に所属(ポジションはGK)しサッカー漬けの日々を送る。大学でもサッカーを続けたのは、高校のサッカー部時代、当時の帝京高校に2試合で13失点を喫した悔しさが忘れられなかったから。

大学卒業後、東京海上火災保険㈱(現在の東京海上日動火災保険㈱)に入社。丸の内の本店に配属となり、銀行、証券、生保等いわゆる金融機関相手の企業営業に従事。バブル末期だったこともあり、セブンイレブンの生活を送る。巨大企業相手の営業に充実感を覚えつつ、一方で自分の性格(真面目に突き詰めすぎる)により合った仕事への道を模索する。

公認会計士試験受験を決意し、平成4年に東京海上火災保険㈱を退社。平成5年に旧2次試験合格、その後6年間税理士歴50年の公認会計士の個人事務所に勤務、中小企業に関する税務にとどまらないあらゆる業務を学ぶ。

平成11年、金子公認会計士事務所として独立、現在に至る。税務の面で顧客に対してどのような貢献ができるのか、また国から資格を与えられた者としてどう社会に貢献できるのかを常に考えながら仕事をしている。このような観点から常に税務を学び、また後進育成という形で社会に貢献しようと考え日本公認会計協会法人課税専門部会専門委員、同協会東京会税務第二委員会委員、同協会東京実務補習所運営委員等も務める。

Copyright(c) 2013 cpa-kaneko.com All Rights Reserved.